top画像(見たいんだ、世界を)

About S.A.L.

logos

 

学生団体S.A.L.は「学生が主体であること」を前提とし、国際問題に関して理解を深め、啓発していくことを目的として2008年6月に立ち上げられた、慶應義塾大学に本部を置く学生団体です。

S.A.L.という名前には、

Send out(国際問題を伝える)
Aid(助けを求めている人を救う)
Learn(世界の現実を知る、学ぶ、理解する)

という3つの意味が込められています。

私たちはこの3つをコンセプトに、スタディー・ツアーで国際問題の現実と向き合い、メンバー一同が自分たちに出来ることは何かを考えながら 、イベントやフリーマガジン、ドキュメンタリー、商品プロデュースなどの具体的なプロジェクトを行なっています。

S.A.L.はそのようなプロジェクトの中で「国際問題を伝える」ということを通じて、 国際問題に興味がない学生や「興味はあるが何をしたらいいかわからない」学生への「きっかけ」作りを促進していくことに 大きな重点を置いています。

私たちは、小さなきっかけを波及させていくことで より多くの人に国際問題に対して関心をもっていただけると考えているのです。

学生の私たちだからこそ、新しいきっかけの連鎖を作り出せると信じながら、活動を行っています。

 

 

Activity

FREE MAGAZINES
SOCIAL BUSINESS
SAL Seminar/Workshop

Study tour

STUDY TOUR
見たいんだ、世界を。 S.A.L.では春夏の長期休暇に海外へのスタディーツアーを実施しています。スタディーツアーでは普段の旅行ではなかなか行くことのない、国際問題を抱える国を訪れ、問題への関心や理解
Read More

S.A.L. with numbers

99
活動において今まで訪れた国の数
99
スタディツアーでの渡航国の数
99
S.A.L.で活動してきた学生の人数
99
プロジェクト内外の制作物等での受賞数

News

【フリーマガジンMagadipita】【ギャラリー開催中💐】 【11/12 MON ~ 11/25 SUNの2週間!】
2018年11月13日
世界にちりばめられた小さな偶然があなたの興味をかきたてる✨ そのきっかけをお届けする、Magazine × Serendipity =『Magadipita』 毎日をちょっぴり彩ってくれる、そんなわくわくとドキドキをお届け。 今回は雑誌を飛び出して、ギャラリーを企画してみました。 最新号の特集「ひとりってなんだ。」を特別にご紹介。 ひとり、一人、独り。 さまざまな顔
2018年11月4日(日) イベント「ふくむすび〜福を繋げる一日〜」
2018年11月1日
2018年11月4日(日)、イベント「ふくむすび〜福を繋げる一日〜」を開催いたします!! 「フクシマ」この文字からは、何を連想するでしょうか。 少し難しい話題が頭をよぎったでしょうか。 僕らが見た福島は、魅力で溢れていました。 広々とした、雲ひとつない空。 食べてって!とお盆いっぱいの、おむすび。 隣で大きな夢を語りはじめる人々。 そんな福島と皆さんを結びた
【イベント】Focus on Myself 『ぼくのみる世界』開催のお知らせ
2017年11月14日
【日時】 12.22[mon] 10:00-19:00/12.23[tue] 10:00-18:00 【場所】 横浜赤レンガ倉庫1号館1階( 神奈川県横浜市中区新港1-1 ) 【料金】 無料 【主催】 学生団体S.A.L. ( http://salkeio.sakura.ne.jp/ ) Twitterアカウント( @sal_fom ) 【お問い合わせ】 f