2015夏旧ユーゴスラヴィアスタディツアー

Home / STUDY TOUR / スタディーツアー報告 / 2015夏旧ユーゴスラヴィアスタディツアー

2015夏旧ユーゴスラビアスタディーツアー

Concept

セルビア人とアルバニア人の対立を肌で感じた上で、双方に取材を行いドキュメンタリーの制作を目指す。

About

【活動内容】
いくら本などで勉強しても完全な理解は到底難しいであろう旧ユーゴスラヴィアの抱える民族問題(特にア
ルバニア人とセルビア人の対立)を、実際に様々な境遇の人々から話を聞くことで、自分なりに考えを
深め、理解に努める。また今後制作予定のドキュメンタリーの素材として、話を聞く際にはそれを映像に
残した。

【訪問先】
セルビア
・ベオグラード
・クラリエヴォ
マケドニア
・スコピエ
・クマノヴォ
コソボ
・プリシュティナ
・グラチャニツァ
・ミトロヴィッツァ
・プレカズ
・コソボポリエ
・デチャン
・ペヤ
・ラチャク
・プリズレン
アルバニア
・ティラナ
・ジラート
・ドュラス
・サランダ

【実施フィールドワーク】
セルビア
・JICAの方へのインタビュー
・ベオグラード大学の学生と交流
・避難民の方へのインタビュー
マケドニア
・小学校訪問
・銃撃戦現場見学
コソボ
・セルビア人居住区でのインタビュー
・セルビア人学生、アルバニア人学生双方との交流
・CBM(community building of Mitrovica)への訪問、インタビュー
・紛争墓地見学
・虐殺のあった村への訪問
・元小学校校長へのインタビュー
・セルビア正教会の修道院でのミサへの参加

Send Out

インタビューで得た映像素材を元に、民族問題に関するドキュメンタリーを制作

Blog

「アルバニアに行ったことはあるかい?」
「解りえていない思想」
「平和の架け橋へ」
「宇宙人のような感覚
「旅する自由」
「Serbian & Albanian」