ロヒンギャ難民pjt

Home / ロヒンギャ難民pjt

ロヒンギャ難民プロジェクトバナー

私たちと同じ空の下、
この日本に難民が暮らしていることを知っていますか

 

About

【コンセプト】

ロヒンギャ民族ー彼らはミャンマー政府から国籍を付与されておらず、多くが難民としての生活を余儀なくされています。
彼らは日本にも住んでいますが、難民認定が降りていない人も多く、その生活は極めて不安定です。

近くにいるのに、日本にいる私たちは彼らについてほとんど知りません。
彼らの置かれている状況、彼らの暮らしを多くの人に知って欲しい。

私たちは日本にいるロヒンギャ難民への取材をもとに、映像制作やイベント開催など様々な方法によって、ロヒンギャ難民に関する問題啓発を行っています。

【目的】
少しでも多くの人に難民問題、ロヒンギャについて関心を持ってもらう。

【活動内容】
ドキュメンタリー制作、上映
群馬県・館林市にてロヒンギャ難民の方々を訪問

ロヒンギャ画像④ ロヒンギャ 徹a

 

 

Activities

ドキュメンタリー「ひかり」
ひかり文字入り
      2014.11 上映会@S.A.L主催イベントTheatre of peace 2nd
      2015.04 上映会@館林市役所
      2015.06 上映会@世界難民の日(6/20)合同イベントBLUE JACK

ドキュメンタリー「stateless」
stateless
      2015.12 上映会@慶應グローバルフェスタ
      2015.12 上映会@B-lab 文京区青少年プラザ
      2016.01 上映会@難民フェスティバル 筑波大学
      詳細は「stateless」へ。

ドキュメンタリー「Light up Rohingya」

      【UFPFF 国際平和映像祭 学生賞・AFP通信賞受賞作品】
      短編バージョン https://www.youtube.com/watch?v=K-DdO0PzGeI&app=desktop

その後も、日本に暮らす難民の支援と問題啓発を軸に、様々な活動を行っています。

 

ロヒンギャ画像② ロヒンギャ画像①

 

 

News

「ひかり」監督鈴木しおりがJapan Times に掲載されました!
ドキュメンタリー「stateless」/監督:家坂徳二/2015冬 完成

 

Contact

PC 林 直樹
naokihayashi1822@gmail.com

twitter