Theatre of PEACE 2nd開催のお知らせ

Home / 新着情報 / Theatre of PEACE 2nd開催のお知らせ

joueikai HP②

東京、渋谷。 S.A.L.が送る2日限りの映像祭。

2014年、4人の学生監督が「今」を切り取る。
終わらない福島。そばにいる難民。遠く離れた島国。あるいは、顔も知らない誰かのこと。
知ってほしい、想いを馳せてほしい。ただそう願って。
慶應義塾公認学生団体S.A.L.が送る二日限りの映像祭。
11月14日、15日・東京、渋谷で開演です。

*******************************************************************************

●Theatre of PEACE 2nd

●日時 2014年11月14日(金)・15日(土) 開場18:00 開演18:30 閉場21:00
●場所 東京ウィメンズプラザ(渋谷区神宮前5-53-67)東京メトロ表参道駅B2出口より徒歩7分
●料金 ¥500
●予約 10/1(水)よりいよいよ開始!こちらからご予約できます。
●主催 学生団体S.A.L.
●後援 独立行政法人国際協力機構(JICA)
●お問い合わせ:theatreofpeace2nd@gmail.com

facebookページで上映作品の情報や制作・準備の裏側などを紹介しています。
ぜひこちらからご覧ください!

******************************************************************************

●11月14日(金)1日目

UFPFF 国際平和映像祭 なんとかしなきゃ!プロジェクト賞受賞
「HAVE NOTHING IN COMMON」 監督 小長谷謙治
have a nothing in common

 

UFPFF 国際平和映像祭 ファイナリスト選出
ショートフィルム 「大学生だから、」 監督 由井薗新
ひかり文字入り

●11月15日(土)2日目

ドキュメンタリー映画 「ひかり」 監督 鈴木しおり
大学生だから、 (1)

 

映画 「誰かのレクイエム」 監督 堀内慧悟
誰かのレクイエム (1)

 

******************************************************************************

 

joueikai HP③

知ることのできなかった何かがたくさんある。

携帯を見れば、タイムラインに溢れる投稿とつぶやき、年中放映され続ける報道番組や、毎日読まれ 積まれていく新聞。
今、世界中の情報は刻一刻と増え、僕たちは簡単に何かを知ることができる。
しかし、ニュースは滞ることなく更新され、
あわただしい生活の中、僕たちが忘れていく出来事、
あるいは知ることのできなかった事件がたくさんある。

溢れるニュースがせわしない日々とともに流れていかぬよう、
自分たちの見た「今」を、4人の学生が映像に切り取った。
世界に溢れる情報の中では、あるひとつの出来事かもしれないが、
そこには、 映像に残したい 残さなければならない と思わせる何かがあった。

終わらない福島。そばにいる難民。遠く離れた島国。あるいは、顔も知らない誰かのこと。
知ってほしい、想いを馳せてほしい。ただそう願って。
4人の学生監督が切り取った、今。
あなたが日々の暮らしのなかで、ふと思い出し、想いを馳せてくれたら。
ぜひ、会場に足を運んでみてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です