「ありのままの世界」をお伝えする映画祭 ”Theatre of Peace” 開演のお知らせ

Home / 新着情報 / 「ありのままの世界」をお伝えする映画祭 ”Theatre of Peace” 開演のお知らせ

きれいごとではない、言葉ではあらわせない、そんなリアルな戸惑いや感動を伝えるのには、【映像】が一番だと思ったから――。4人の学生監督が切り取った、イスラエル・パレスチナ、カンボジア、そしてインド。素直だけど決して丸くはない、そんな4作品を、慶應公認団体S.A.L.のドキュメンタリーチームがお送りいたします。

今回はドキュメンタリー映画の上映に加え、各作品の舞台となった国々の状況や問題、作品の背景のプレゼンテーションも行います。ご来場いただいたみなさまに、「ありのままの世界」をお伝えできればと思っております。
平和の国の若者たちが身を投げ出して臨む映画祭。今秋、開演です。

『Theatre of Peace』

■日時
・2012年11月22日(木)18:15開場/18:45開演
・2012年11月25日(日)18:15開場/18:45開演

■会場
・関内ホール(22日)http://kannaihall.jp/access/
-JR関内駅 北口徒歩6分
-市営地下鉄関内駅9番出口徒歩3分
-みなとみらい線馬車道駅5番出口徒歩4分
・北沢タウンホール(25日)http://kitazawatownhall.jp/map.html
-小田急線/井の頭線 下北沢駅南口徒歩4分

■入場料
500円

■チケット予約(Webチケット)
・22日お申込み: http://kokucheese.com/event/index/58666/
・25日お申込み: http://kokucheese.com/event/index/58709/

■ホームページ/Twitter/お問い合わせ先
・HP: http://top2012.businesscatalyst.com
・Twitter: @theatreofpeace https://twitter.com/theatreofpeace
・お問い合わせ先:sal.top2012@gmail.com

■作品ラインナップ
*CROSSROAD http://crossroad-salfilms.com/
むごい内紛のあとに残った者は、恨みあう国民ではなく、
悩みながらも前に進もうとする人々だった。カンボジアの地雷原の悲しみと希望を映し出し、平和を考える。
【監督】武井裕亮(Hiroaki Takei)慶應義塾大学環境情報学部3年
【受賞】2011年UFPFF国際映像祭 グランプリ/地球の歩き方賞 受賞

*The Other Side http://the-otherside.jimdo.com/
イスラエルとパレスチナを60年間苦しめている紛争、そして彼らを隔てる「壁」
両方の声に耳を傾け、それぞれの想いを届けることは、日本人だからこそできるのかもしれない。1年間、本気で紛争に向き合った学生が送るドキュメンタリー。

【監督】白川紘樹(Hiroki Shirakawa)慶應義塾大学総合政策学部3年
【受賞】2012年UFPFF国際映像祭 地球の歩き方賞 受賞

*ワンダーランド http://wonderland-salfilms.com/
地雷撤去は、「”悪魔”である地雷と、それに立ち向かうデマイナーという”スーパーヒーロー”」などといった勧善懲悪の構図ではとらえきれない。そんなカンボジア北西部の地雷原の日常と、そこに詰まった平和な光景を、54分間につめこんだ。
【監督】重田峻平(Shumpei Shigeta)慶應義塾大学法学部3年
【上映】2012年UFPFF国際映像祭 ゲスト作品

*Volunteer http://volunteer-salfilms.com/
海外で活動する自分に強烈な違和感を覚えたのは3月11日から。自己満足のあれ、偽善のそれ、就職活動のためのこれ。身近になった”ボランティア”の本当の意味が知りたくて、カメラを片手に3度目のインドに飛び立った。
【監督】板橋令子(Reiko Itabashi)慶應義塾大学経済学部3年

■企画/運営
慶應義塾大学公認学生団体S.A.L.
URL : http://salkeio.com/
Twitter:@sal_keio

■お問い合わせ
Theatre of Peace 運営部
sal.top2012@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。