大学生の知ったかぶり

「東日本大震災が起きた、三年前に」

 

2011年3月11日。日本人ならきっと、誰もが忘れぬ数字でしょう。

未曾有の災害は、学校を呑み、電車をさらい、家族を埋めました。

震源地である東北地方だけでなく、関東圏ですら影響を受けたのです。 三年前に。

 

しかし、東日本大震災とは、地震が起きたことや、津波に襲われたことを指すわけではな­いと思います。その結果として、多くの方々が犠牲になり、多くの土地が枯れ、多くの職­業が、街が、機能を停止したことを示しているべきです

 

なぜなら「今」まさに東北の方々は、日常を作っているからです。まだ、続いているので­す。「三年前」の出来事、と一括りにできません。

 

それは、関東圏で暮らしていると、忘れがちです。

もう、瓦礫なんてとっくに撤去されているだとか、海の周りには堤防ができているだとか­、勝手に決めつけます。見てもいないのに。

 

決めつけてしまうこと。それは、何も知らない事と同じでしょう。

僕たちは、2014年春に福島を訪れました。そこで福島の「今」を見ました、知りまし­た。

一介の学生が映像を作る。それは無意味かもしれません。無責任かもしれません。

 

 

 

だから、何もしない。声をあげない。

 

 

そうすると結局、何も見なかったこと、考えなかったことと同じになってしまいます。

 

だから、僕たちは伝え続けたい。

あなたがきっと、知らないから。

 

* 撮影場所: 福島

*  制作年: 2014年

*  助監督: 由井薗 新 Arata Yuizono(慶應義塾大学3年)

*   監督: 森 文哉 Fumiya Mori(慶應義塾大学2年)